履歴書の資格欄に書けるものがないなら、他でアピールするしかないでしょう

職歴に力を注ぎましょう

第二新卒者とただの新卒者、決定的な違いは社会人経験を持っているかいないかなのかもしれません。

 

第二新卒者が就職を目指す時、応募には履歴書の他に職務経歴書も添えることになるでしょう。どのくらい仕事をしていたのかにもよりますが、数年会社で働いていれば職務経歴書に書けることはそれなりにあるはずです。

 

例え履歴書の資格欄に書けるものがなかった場合でも、職歴を応募書類で示すことができれば、それで十分アピールできるのではないでしょうか。資格を重要視しない職種なら、なおさら職歴の方が重要なアピール材料となるはずです。

 

 

履歴書内なら志望動機を重視

職務経歴書ではなく履歴書の中だけで考えるなら、志望動機を充実させてください。

 

業種や職種、企業そのものに強い興味を持っている人は、それだけで気に入ってもらえる可能性があります。応募書類をチェックする人が気に入るような内容になっていれば、その途端に資格欄の存在は薄くなるでしょう。

 

自己PR欄も似たような効果を持ちます。資格というのは自己PRの一種ですが、しかし、自分の言葉でアピールすることほどのインパクトはありません。自己PR欄では自分の言葉でしっかりと己をアピールし、これも資格欄の存在が薄くなるような工夫をしつつ、履歴書を仕上げていきましょう。

 

 

資格欄は空白でOK?

履歴書の資格欄に書けるものがない時には職歴や志望動機、自己PRの欄でアピールすべきだと説明してきましたが、資格欄が空白のままではいけません。 「特になし」の言葉だけは書いておきましょう。

 

履歴書に空欄はNG。資格欄に限らずそんな欄があれば、その時点で志望動機も自己PRも逆に存在感が薄くなってしまいます。それだけ履歴書に空欄があることは就職希望者にとってダメージとなるのです。

 

ただ、資格欄の全ての行に「特になし」と書く必要はなく、一番上の行にだけ書いておけばOK。それだけで資格欄は空欄ではないと認識してもらえます。

 

 

 

<参考記事>
第二新卒の就職は入社意欲を高く持つこと
いざ履歴書作成!見られるポイントは?
いざ職務経歴書作成!見られるポイントは?
応募書類提出マナー〜送る時の注意点とは


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト