いざ職務経歴書作成!見られるポイントは?

職務経歴書のどこを重点的に見られる?

職務経歴書の内容は、これまでの経験や年齢によって大きく違います。第二新卒はまだ経験が少ないので、輝かしい経歴を書くことはできないでしょう。では、どこに重点をおいて書けば良いのでしょうか。

 

企業側も第二新卒の経歴にはそれほど期待はしていません。それよりも、やる気や人柄、ポテンシャルを重要視します。職務経歴を書くときは、ただ担当した業務を羅列するのではなく、どのような工夫や努力をして成果をあげたかをわかりやすく記載しましょう。具体的な数字を入れるとリアリティが出ます。

 

 

目を引く自己PRのポイントは?

自己PRの書き方がわからないという人も多いと思います。「実際に会って話をしてみたい」と思ってもらえる職務経歴書を作るためには、自己PR欄が重要になります。

 

自分がどのような人間かをわかってもらうには、自己評価ばかりではなく、他人の評価を織り交ぜるのが効果的です。具体的なエピソードを交えて、お客様や上司からどのような評価を得ていたかを書き表しましょう。

 

また、ただ御社に貢献したいというだけでなく、このような経験をしたから貢献できるというように、説得力のある書き方にすることがポイントです。

 

 

 

<参考記事>
いざ履歴書作成!見られるポイントは?
応募書類提出マナー〜送る時の注意点とは
履歴書の資格欄に書けるものがないなら、他でアピールするしかないでしょう

 

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト