転職活動は在職中・退職後のどちらにしたほうが良いのか?

在職中に転職活動をするメリット・デメリットは

在職中に転職活動をするメリットとしてあげられるのは、経歴に空白期間が生じないこと、生活面での不安がないこと、この2点だと思います。空白期間が長ければ長いほど転職は不利になりますし、1人暮らしの人であれば生活することが困難になると、転職活動どころではなくなってしまいます。

 

一方デメリットは、転職活動に割ける時間が限られることです。面接は平日に行われることが多いため、有給を取ることができなければ、なかなか指定された日に面接を受けることは難しいでしょう。

 

 

退職後に転職活動をするメリット・デメリットは

退職後に転職活動をするメリットとしてあげられるのは、じっくりと企業研究をして応募企業を選べる点でしょう。毎日転職活動に集中して時間を費やすことができるので、書類作りや面接対策も万全にすることができ、急な面接にもすぐに対応することができます。

 

デメリットは上記でもあげたように、生活面の不安が大きいと思います。入社3年以内に退職したのであれば十分な貯蓄がない人が多いと思いますので、じっくり時間を費やせる半面、早く決めなければという焦りも出てくるでしょう。

 

転職活動は在職中と退職後のどちらにしたほうが良いのかは、それぞれ置かれている立場が違うので一概には言えないようです。

 

 

 

<参考記事>
なぜ転職したいのか?目的を明確にしよう
不利ではない!第二新卒の市場価値とは
第二新卒者に絶対オススメする、転職活動開始の最適な時期
上がり症の克服法で、より確実なのはどんな方法?
電話の苦手意識に悩んでいませんか?就職が決まる前に克服しておきましょう
第二新卒者が就職するためにかかる活動期間を割り出してみましょう

 

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト