なぜ転職したいのか?目的を明確にしよう

“逃げ”の転職は危険!

希望に胸を膨らませながら入社したのに、入社から1年〜3年以内に転職を希望する人を第二新卒と言います。最初は仕事を覚えるのにがむしゃらで、違和感を感じながらも転職を考える暇がなかったけれど、少し余裕が出てくると、「このままでいいのだろうか」と感じ始める人が多いようです。

 

しかし、転職をしたい明確な理由がない場合は注意が必要です。嫌な上司がいるから、残業が多いから・・・転職をするための明確な目的がなく、今この現状から逃げるために転職がしたいのであれば、転職先でも同じことを繰り返す可能性があります。

 

 

転職目的を書き出そう

すべてが理想通りの会社というのはなかなか見つからないもの。自分はなんのために転職がしたいのか、まずは優先順位を書き出しましょう。キャリアアップのため、全く別の分野の仕事がしてみたいため、給与アップのためなど、絶対に譲れない部分を明確にしてください。書き出すことで、次にどのような会社を選ぶべきかが見えてきます。

 

また、その目的が、現在の会社では本当に成し遂げることができないのかを考えましょう。努力次第で達成できることであれば、無理に転職をしなくても解決できるかもしれません。

 

 

 

<参考記事>
不利ではない!第二新卒の市場価値とは
転職活動は在職中・退職後のどちらにしたほうが良いのか?
第二新卒者に絶対オススメする、転職活動開始の最適な時期
上がり症の克服法で、より確実なのはどんな方法?
電話の苦手意識に悩んでいませんか?就職が決まる前に克服しておきましょう
第二新卒者が就職するためにかかる活動期間を割り出してみましょう

 

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト