既卒者ならば知っておきたいイレギュラー求人の存在とは?

「就職がうまく行かなかった」「就職したけれども直ぐに辞めてしまった」といった場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

既卒者だと新卒として採用してもらうこともできませんし、経験もありませんから転職することもできません。

 

しかし、世の中にはこういった既卒者の人であっても活用できる求人があることを知っておきましょう。そんな既卒者の人に知ってもらいたい便利な求人について見ていきましょう。

 

補充枠を利用する方法

まずは補充枠の存在を知っておきましょう。補充枠とはその名の通り「何らかの理由で要員に不足が出た」際に出されます。

 

  • 例えば、「内定が出ていた人が急に辞退した」といった場合や、
  • 「最初の研修時に辞める人が多かった」際に出されます。

 

補充枠として採用されれば他の新卒と変りなくキャリアとして採用されますから、「就職に失敗してしまった」と思っている人にとっては絶好のチャンスになります。

 

この補充枠は会社の採用ページに出されることもありますが、募集人数はせいぜい1〜2名です。

 

そのため、補充枠を利用したい際にはなるべく定期的に採用ページを見ていく必要性があります。

 

また、時期的には3月から5月にかけて出やすいですから、この時期には特に注意して補充枠を見ていくことが大事です。

 

他にも、転職エージェントを通じて募集がされることや、個人的に打診が来ることもあります。これは企業によって様々です。

 

個人的に打診が来る場合には「その企業に前に応募したことがある」といった人に打診が来ることが多いこともポイントです。

 

補充枠は採用までのペースが早いことも特徴です

企業としても出た穴をすぐに埋めたがるもので、条件が合えば応募してから数日で採用されることもあります。

 

このように魅力的な補充枠ですが、利用できる機会はたいへん限られてきます。もしも採用ページで補充枠を見つけても直ぐに埋まってしまうことがほとんどだからです。

 

何より、この補充枠狙いの就職者も多くなっており、かなり激戦になることもしばしば。

 

既卒者向け求人の存在

既卒者が活用できる求人は補充枠だけではありません。既卒者が利用できる求人として注目されているのが「第2新卒枠」です。

 

第2新卒枠は学校を卒業してから数年以内の就職者向けに用意されている求人で、是非とも活用しておきたいもの。

 

とはいえ、第2新卒枠は実に様々であり、雇用条件も千差万別です。また、募集期間も企業によって違いが大きいといった点もあります。

 

だからこそ、しっかりと求人を比較していく必要性があります。

 

第2新卒枠に応募する際に注意しておきたいこと

  • まず「待遇はどうなるか」確認しておきましょう。
  • 第2新卒枠であれキャリア採用であれ全く待遇が変わらないこともありますが、場合によっては昇進に大きな違いが出ることもあります。

     

    これは企業によって違いが大きいですから、応募する前にチェックしておかないといけません。

     

  • また、選考期間もかなり企業によって変わります。
  • 第2新卒枠も通常のキャリア採用と同じくらいの期間がかかることもあれば、1週間程度の短期間で終わってしまうこともあります。そのため、状況に応じて選び分けていくと良いでしょう。

 

第2新卒枠には第2新卒枠ならではのメリット

悪いことばかりではありません。第2新卒枠には第2新卒枠ならではのメリットがあります。

 

キャリア待遇で採用される機会があるだけでなく、研修もしっかり受けられるということもその一つです。

 

他にも、有名企業に比較的簡単に就職できる可能性があるのも利点です。

 

第2新卒枠で採用されるには

第2新卒枠では「前回の就職経験をどのように考えているか」といったことを面接でも良く聞かれます。

 

そのため、第2新卒枠を目指すならばこういった第2新卒枠ならではの質問を想定して答えられるようにしておきましょう。

 

また、以前に勤めていた会社名も意外と大事です。例えば、有名な会社であればそれだけ採用にも有利になります。

 

しかし、「以前に勤めていた会社とライバル関係にある」会社に第2新卒枠で応募する場合には逆効果になることもありますから気をつけておきましょう。

 

まとめ

募集枠にせよ、第2新卒枠にせよ、探せばチャンスは色々とあるものです。

 

大事なことは「就職に失敗してしまった」ことによって意気消沈して、こういったチャンスを逃してしまうことです。

 

募集枠も第2新卒枠も応募できる時間は限られていますから、早めに行動して就職を成功させていきましょう。

 

イレギュラー求人

  • 募集枠・・・人員を穴埋めするための枠。採用期間が短いことも。
  •  

  • 第2新卒枠・・・既卒者向けの求人。待遇がキャリアと変わらないこともある。

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト