前の職場に戻りたい!そんな時に役立つテクニック

転職では色々なミスマッチが起きるものですが、「転職したけれども、思っていた職場ではなかった」「職場の雰囲気が予想以上に悪かった」といった気持ちを抱く人も少なくないでしょう。

 

特に「前の職場に戻りたい」際にはどうしたら良いのでしょうか。そんな気持ちを抱いた際に知っておくと役立つテクニックを幾つか紹介していきましょう。

 

前の職場に戻ることは可能

転職後でも元いた職場に戻ることは可能です。しかし、かなりリスクが高いことはまず最初に知っておきましょう。

 

もしも前の職場に戻れても、一度転職をしたことで「再度転職をするのでは」「信用ならない」と思われてしまい、ポストが何時までたっても上がらないなんて事態にも陥りやすいのです。

 

また、出戻りにはメリットもあります。一度転職を経験し、他の職場を知ることができれば、前の職場を客観的に再評価することができるようになります。こうした視点は出戻りならではのメリットであり、貴重な経験となります。

 

出戻りを可能にするテクニック

前の職場に戻るリスクについて見ていきましたが、そんな出戻りは色々な方法ですることができます。

 

まず、最も一般的なのが「前の職場の求人に応募する」ことです。

この方法は最も手軽に利用できますが、成功率はそこまで高くありません。というのも、一部の企業によっては「出戻り者」を一切受け入れないといった企業もあるからです。こういった場合には応募しても書類選考で必ず落とされてしまいます。

 

また、出戻り者を受け入れている企業であっても、なるべく転職してから1年以上経ってから応募する事が大事です。そうすることで「他の起業で経験を積んできた」とプラスにみなされることもあります。

 

しかし、「転職後、直ぐに前の職場に戻りたい」といった場合には、殆どの場合において、書類選考で落とされてしまいます。そんな際には違った方法を試していく必要性があるのです。

 

直ぐに前の職場に戻りたい場合には?

それには前の職場のツテを活用するのが一番です。前の職場の人事部とのツテがあれば、「転職後、数日で前の職場に戻る」といった不可能も可能になります。

 

特に前の職場が人材不足で悩んでいるといった場合には、前の会社の方から打診が来ることすらあります。しかし、こういった方法はかなりイレギュラーであり、人事部とのツテがない場合には利用できません。

 

前の職場の同僚を頼る

人事部にツテがないならば前の職場の同僚などを頼ってみるのも良いでしょう。出戻りしたい旨を伝えれば、前の職場の同僚が動いてくれることもあります。前の会社もあなたの能力などはよく知っていますから、条件が合えば再採用してくれるはずです。

 

前の職場に似た会社を見つける

どんな業界でも職場環境が同じような会社はいくつかあるものです。もしも前の職場に戻るのが難しいようであれば、前の職場に似た会社を見つけることで問題を解決できます。自分で見つけるのが面倒であれば、転職エージェントに聞いてみるのも良いでしょう。

 

前の職場に戻るデメリット

出戻りをすることによって、色々なデメリットもあります。例えば、経歴にもキズがつくだけでなく、出戻り先の職場でも歓迎して迎えてもらえることは少ないでしょう。

 

何より信用をなくしますから、大事な仕事を任せてもらえなくなるといったことも生じかねません。このように、基本的に出戻りはデメリットが多いですから、できるだけ転職先の職場で我慢していく・環境を改善していくといった選択をしていくことの方がよりおすすめです。

 

まずは一ヶ月、”試行期間”を定めてみよう

転職先に不満がある場合でも、まずは会社を見定めるためにも、”試行期間”を定める事が大事です。試行期間を経ても転職先に対する印象が変わらなければ、出戻りを本格的に考えてみても良いでしょう。

 

もしかしたら「最初は不満があったけれども、時間を経ることで転職先が気に行ってきた」といったこともあるでしょう。この試行期間も経ずに出戻りをすると、再度転職をするのが嫌になるといったこともありますから、この試行期間は大事です。

 

まとめ

出戻りにも色々な方法がありますが、記事でも紹介したように、やはり転職先でなんとかやっていくのが一番です。どんな職場でもその職場ならではの良さがありますから、そういった良さを見つけていくことが肝心でしょう。

 

とはいえ、「どうしても前の職場に戻りたくて仕方がない」といった場合には、記事で紹介したテクニックを活用して出戻りを成功させていきましょう。

    ”出戻り”をするためには?

  • ・通常の求人に応募する
  • ・人事部のツテを頼る
  • ・同僚に動いてもらう
  • ・似た会社を見つける

 

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト