第二新卒になった理由を説明できるようにしておこう

第二新卒者が面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問、それは「なぜ、前職を辞めたのですか?」という質問ではないでしょうか。そして、この質問は第二新卒者にとって答えづらい質問でもあり、この質問の答えを考えるのに苦労する第二新卒者の人は多いでしょう。

 

しかし、企業にとっても転職理由はその人のことを知る上で大事な質問ですから、答えを用意しておかなければなりません。

 

ここでは、どうすれば企業に第二新卒者としてのマイナスイメージを与えずに、好印象を与えることができるのかをご説明しましょう。

この記事でわかること
第二新卒者が気を付けたい退職理由の答え方を徹底検証していきます

  • 「その退職理由、そのまま面接で言って大丈夫?」そんな不安が多いはず。ここでは、言ってはいけない退職理由について解説します
  • 嘘の退職理由はダメだが言い換えるのはOK その使い分け肩を解説します。
  • 退職した過去にこだわらず未来に目を向ける。なぜそうするの?それが何で大事なの?の疑問に答えていきます。

 

 

前職の退職理由はそのまま面接で言っていい?

第二新卒者になってしまった理由、それは、前職を辞めた理由にあたりますが、言って良い理由と言ってはいけない理由があります。それは何でしょうか?

 

『人間関係が悪かったから』
上司や先輩社員、同僚とうまくいかずに仕事を辞めた、という人もいると思います。しかし、その理由はそのまま面接のときに言うべきではありません。「人間関係が悪かったので辞めました。」と言うと、面接官に「人間関係をうまく構築できない人なのかな」と思われてしまい、採用されることは難しくなってしまいます。

 

面接官が面接で重視しているポイントとは何だかご存知でしょうか?それは、「人柄」です。仕事のスキルや経歴ももちろん重要ですが、結局、周りの人とうまくやっていける人が欲しいのです。ですから、「前職では人間関係がうまくいかなかった」などと言うと敬遠されてしまうでしょう。

 

 

『仕事がきつかったから』
仕事がきつすぎて体を壊しそうになったために前職を退職したという人もたくさんいるでしょう。でも、「前職を辞めた理由は?」と聞かれて「仕事がきつくて・・・」と素直に答えてしまうのは考え物です。それだけ聞くと、「仕事がしたくない人なのかな?」という印象を面接官に与えかねません。

 

前職がブラック企業で本当にきつかったという場合もあるかもしれませんが、それを説明しだすと前職の愚痴の垂れ流しになってしまいます。貴重な面接時間なのですから、あなたの良いところのアピールに使いたいものです。

 

 

『その仕事が向いていなかったから』
「仕事が向いていない」という言葉は、面接ではNGです。なぜなら、それだと「仕事ができない人」という印象になってしまうからです。そもそも、「その仕事が向いていなかった」という人は「まだまだ仕事のスキルが足らないだけ」な場合がほとんどです。ですから、この理由をそのまま伝えるのはNGなのです。

 

 

本項の『一目でわかる』ポイント

今回挙げた「人間関係」「キツイ」「向いてない」カテゴリーに当てはまる退職理由は絶対に述べないようにしましょう。

 

 

嘘の退職理由はダメだが言い換えるのはOK

前述したような退職理由を言ってはいけないなら、どうすればよいのでしょうか?嘘の退職理由を言うのは絶対にNGです。何かの拍子にその嘘がばれてしまえば、あなたの言葉すべてに信ぴょう性がなくなってしまい、採用される可能性は限りなく低くなるでしょう。

 

では、どうすればよいのかというと、嘘をつくのではなく前向きに言い換えるのです。例えば、「仕事がきつかった」のが退職理由だった場合は、「前職はかなり残業も多くハードな職場で、体調は常に悪く、良い仕事ができる状態では決してありませんでした。ベストの状態で仕事に取り組むために、職場環境を変えたいと思いました。」という風に言い換えるのです。

 

言い換えのコツは、「ただの不満」を「仕事をするためにこう改善したかった」と言い換えることです。後ろ向きなものから前向きなものに言い換えるのです。

 

それでは、以下に退職理由を言い換えた一覧をご紹介しましょう。

言い換え前 言い換え後
頑張っても給料が上がらなかった 仕事の成果やキャリアに応じて給料が上がる仕事につきたい
仕事がルーチンワークでつまらなかった いろいろな仕事を経験してキャリアアップしたい
無理なノルマを強要された 適正な目標の元、達成感を得られる仕事がしたい
有給休暇がほとんど取れなかった 仕事に全力で取り組むために、適度にリフレッシュできる環境で仕事がしたい
高圧的な上司がいてストレスがたまっていた 人間的に尊敬できる上司のもとで、自分を成長させたい

いかがでしょうか?言い換え前は前職への不満だったのに対し、言い換え後は同じことを言っているのに「次に向かってこうしたい」という意気込みが感じられると思います。コツをつかめばどんな退職理由にも使えますから、ぜひ、やってみてください。

 

本項の『一目でわかる』ポイント

■退職理由でウソを言うのは絶対にNG!
■ネガティブ要因も「言い換え」で180度相手の受ける印象は変わります。常にポジティブに言い換える「ワザ」を普段から練習しておきましょう。結構簡単に身に付きます!

 

 

退職した過去にこだわらず未来に目を向けよう

退職理由の言い換えのところでも出てきましたが、「不満があった」という過去の出来事にこだわらず、未来のことに目を向けることをおすすめします。いくら過去にこだわっても過去を変えることはできません。過去は素直に受け止めて、未来に向けて改善していくしかないのです。

 

退職理由を前向きに言い換えた部分に、前向きに生きるためのヒントが隠されています。毎日同じようなルーチンワークで飽き飽きしていた人は、クリエイティブな仕事ができるように資格やスキルを身に着けることができますし、頑張っても給料が上がらなかった人は成果が正しく評価される職場に就職できるよう努力することができるのです。

 

第二新卒になった理由を説明することができたでしょうか?前向きになって次につながるような理由に言い換えるコツをつかめたら、そのとおりにどんどん前向きに進んでいくことをおすすめします。

 

 

本項の『一目でわかる』ポイント

■過去にこだわっては駄目!「割切る」という大人のワザを身に着けることも社会人スキルの一つです。
■割切りを身に着けて、未来に前向きになる事で流れは変わります。ネガティブをポジティブに変えていく訓練が転職への一番の近道です。

 

 

この記事のまとめ 
■第二新卒者の就職面接で重要な質問なのが「前職の退職理由」です。「人間関係」「仕事がきつい」「仕事が向いていない」という退職理由は、絶対に言わないでください!
■退職理由が前職への不満だった場合、後ろ向きなトーンを前向きなトーンに言い換えるのがポイントです。何があっても、嘘の退職理由はNGです!
■「第二新卒になってしまった・・・」といつまでも後悔していても、得るものは何もありません。「これからどうしていきたいか」だけを考えて、前向きに行きましょう!

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト