退職理由は正直に答えても大丈夫ですか?マイナスにならない退職理由を教えて下さい。

退職理由は正直に答えても大丈夫ですか?マイナスにならない退職理由を教えて下さい。

 

正直に答えても大丈夫かどうかは、退職理由にもよります。「仕事が厳しかったから」、「ノルマに耐えられなかったから」、「上司と反りが合わなかったから」などといった理由で退職した場合、それを応募先の企業に正直に伝えるのは控えるべきでしょう。確実にマイナスの印象を与えることになるはずです。

 

上記のような理由ではなく、例えばもっと前向きな理由であれば、正直に答えても問題がないのかもしれません。

 

「さらに上を目指したくなった」、「働く中で、もっとやりたいと思えるようなことを見つけた」などであれば、この言葉だけでは物足りませんが、退職理由として伝えてもマイナスの印象を与えてしまうことはないのではないでしょうか。

 

もちろん、そこには説得力も必要になってきます。どのような言葉を用い、どのような表現でまとめれば説得力が増すのか、それを考えながら退職理由を伝えるようにしてください。

 

「仕事をつまらないと思ったわけではないが、さらに高いレベルで働きたいと思った」という退職理由を述べるのであれば、それと一緒に、「前の会社は、自分の能力を存分に発揮できるほど高いレベルではなかった」ということを具体的に示す必要が出てきます。

 

それができれば、この退職理由はマイナスにならないどころか、プラスの印象を応募企業に与えることができるはずです。

 

「働き続ける中で私見も広がり、本当にやりたいことを見つけた」という退職理由を述べるのであれば、「今応募している企業こそ、自分のやりたいことを実現できる場所である」ということを、これも具体的に示す必要があります。

 

立派な志望動機にもなりますし、退職理由を尋ねられた時にも、その志望動機をより一層際立たせるための回答ができるのではないでしょうか。

 

とにかく前向きでポジティブで、それがその企業への応募にも繋がったということを退職理由と一緒に伝えることが、プラスの印象を与えるポイント。

 

それは時に正直な退職理由とは異なることもあるかもしれませんが、極端な嘘でなければ問題はありません。矛盾しないように対策を練っておくことで、説得力のある退職理由を伝えることができるでしょう。

 

 

その他の質問:
第二新卒と既卒の違いは何ですか?
求人アプリって何ですか?おすすめあったら教えてください。
トライアル雇用のメリットとデメリットは何ですか?


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト