第二新卒と既卒の違いは何ですか?

第二新卒と既卒の違いは何ですか?

 

求職活動をする時にしばしば出てくる言葉ですね。求人に記載されていることもありますが、自分はどちらに当てはまるのかよくわかっていない人も多くいるようです。

 

いずれも20代の若い人、一般的な解釈で言えば20代前半か25歳くらいまでを指している言葉です。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

「ここが違う」という点を最初に挙げてしまうと、それは、“就職経験の有無”です。第二新卒は、学校を卒業した後に一旦就職した経験があり、しかし数年以内に会社を辞めるなどし転職活動に乗り出す人たちのことを指しています。

 

一方の既卒は、学校を卒業したものの、就職活動に失敗したのか、それとも自らその道を選んだのかはわかりませんが、一度も就職した経験を持たずに就職活動をしている人たちのことを指しています。

 

就職をしていても、例えば30歳を超えていたら第二新卒と呼ばれることはありませんし、学校を卒業後就職した経験を持っていなかったとしても、やはり30歳を超えていれば既卒者と呼ばれることはまずありません。

 

年齢や、卒業してから、あるいは就職してから“数年後”という要素も、こう呼ばれる一つの条件であると認識しておきましょう。

 

第二新卒や既卒の需要は増える傾向にあるようです。どちらがより有利かと言えば、おそらく多くの人が“第二新卒”と答えるでしょう。どちらも年齢がほぼ同じであるにもかかわらず、しかし、第二新卒は社会人を経験しているため、最低限のマナーや常識、会社で働くことの意識がそれなりに備わっていると考えられるからです。

 

しかし、「会社を途中で辞めている」という点で第二新卒はマイナス評価をされることもあるので、絶対的に有利とも言い難い現実があるようです。

 

第二新卒にしても既卒にしても、今から新卒となることは無理なわけですから、自分の立場を受け入れ認識した上で、その立場なりの就職活動をしていくことが求められるでしょう。

 

 

その他の質問:
面接官が複数いる場合は誰を見たらいいか分かりません。
求人アプリって何ですか?おすすめあったら教えてください。
トライアル雇用のメリットとデメリットは何ですか?


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト