第二新卒が就職する方法

第二新卒といおうのは新卒でもなければキャリアでもないので求人情報を見つけるのは大変ではないかと思いますが、そうはいっても何とか就職する方法模索しなくてはいけません。

 

そこで一つ考えられるのが「第二新卒枠」に限った応募を徹底的に見つけ出すのです。これだと正社員の道は十分に開けますのまずは安心のテーブルに乗ることになります。そして次は「第二新卒向けインターン」を狙うのです。これらを利用することで、新卒と同じ待遇で採用されたり、あるいは専門知識やスキルなどを求めることにもなりますから新卒の新人採用に引けを取ることはなくなります。

 

募集はだいたい傾向としては1月〜3月か7月〜9月といった所ですのでアンテナを張って情報をゲットして見てください。3月は決算期でもあるし、7〜9月は夏のボーナスを貰ってから辞める欠員の穴埋めに採用を考える企業が多いと聞きますので注視して見てください。

 

どこの企業でも採用の時期いというものは違いますが動きとしての傾向やリズムを押さえておくとチャンスは広がりますので知ってて損はないです。それから強者が良くやる手なのですが、求人募集をしていなくても臭いや嗅覚で勝手に当たりを付けて履歴書を出してしまうチャッカリ組です。

 

最近は草食系男子が多いとのことですが、この手法を取っている人はなかなかいないと思いますので、出した者勝ちの感もありますのでお勧めです。タイミング良く当たれば採用される確率は俄然高くなります。企業が募集をする前に先手を打って応募するわけですから印象度が違いますし有利なことは間違いないですから是非是非やって見てください。

 

採用人事担当者は面接で聞くのは「すぐに辞めないか?」という質問です。第二新卒者は辞めた理由を大概は「キャリアアップ」「スキルアップ」の為と少し格好を付けて良く見せようとしますが、実際は「人間関係」を理由に転職している人が多いことは先刻ご承知なのですから嘘は直ぐに見抜かれます。

 

もし人間関係で辞めたのでしたら事実を話し、改善に努力したことを話すことです。それでも改善できなかったことを話し、更に自分でも反省しているところもありますと素直な態度を見せ、良い経験をさせて貰った経験談を話すことで評価はグンと上がると思います。

 

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト