面接にはどんな服装、身だしなみで行けばいい?

面接前日までにチェックすることは

面接にはスーツで行くのが基本です。スーツがシワになっていたり、汚れていたりすることがあるので、面接の4、5日前までにはチェックして、必要であればクリーニングに出しましょう。前日にもう一度シワがないかチェックして、ワイシャツやブラウス、ネクタイなども一緒に用意しておきましょう。

 

また、第一印象を良くするためには、清潔ですっきりした印象に見せることが大切です。髪の毛が伸びていたり、色がまだらだったり明るすぎたりしないように、できれば美容室で整えておきたいところです。

 

 

面接当日にチェックすることは

寝ぐせや無精ひげは不潔な印象を与えてしまいます。できれば当日の朝にシャワーをして髪の毛を整え、ひげはきちんと剃っておきましょう。肩にフケがのっていれば、それだけで第一印象が悪くなることもあるので注意が必要です。

 

女性はストッキングが伝線していないか、メイクが濃すぎないか、派手なアクセサリーはしていないかをチェックしましょう。応募する業界にもよりますが、あまり派手な印象の女性は好まれないことが多いです。

 

また、靴もチェックポイントの1つです。汚れはきちんと拭き取り、女性はヒールがあまり高くない靴を選びましょう。

 

 

 

<参考記事>
知っておきたい面接の基本マナー
面接官に印象付けるかしこい逆質問とは

 


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト