大手企業vsベンチャー企業 どちらの人生を選びますか?

大手企業vsベンチャー企業 どちらの人生を選びますか?

就職活動時にどちらに入社しようか悩むのが、大手企業とベンチャー企業。それぞれメリット・デメリットがありますが、人生においてどちらの選択が正しそうでしょうか?

 

また、人生の勝ち組になるにはどちらを選ぶべきでしょうか?

 

大手企業のメリット・デメリット

 

大手企業のメリットはひと言で言えば「安定」です。
ベンチャー企業は資金規模からいつ倒産するかわからないリスクを抱えています。

 

逆を返せば、ベンチャー企業は超成長企業として飛躍的成長をするかもしれませんが、先の事はわかりません。
大手企業も倒産する会社もありますが、ベンチャー企業と比較して、定年まで安定して働き続けたいと思ったら、大手企業を選択するべきです。

 

大手企業は資金力が豊富なので、プロジェクトが大規模です。関係者の人数、予算が豊富なので、特殊な経験を体験することもが出来ます。また、大きなプロジェクトに関わっているという達成感もあります。

 

デメリットとしては、20代のうちは会社の駒として働き続ける可能性があります。
大企業では役職者の権限は絶対です。管理職に登用されないと、いつまで経っても上司の指示で働き続けるようになります。

 

また、大企業は政治の世界なので、ひとつのプロジェクトを実行しようと思ったら、根回しが大変です。

 

プロジェクトの大規模感はありますが、スピード感はありません。

 

 

ベンチャー企業のメリット・デメリット

 

ベンチャー企業のメリットは、自分のペースで仕事を進めることが出来ることです。

 

プロジェクトが一人の場合もあります。根回しなども必要ありません。
20代のうちから様々な経験を積むことができます。また、経営陣の側で働けるので、会社の動向を把握しやすく、経営者の考え方を身につけることもできます。
経営者へ直接相談がしやすいのもメリットです。

 

デメリットとしては、会社の規模が小さいので、倒産・解雇の可能性があることです。
成果を認められれば、管理職に登用されやすいメリットはありますが、同時に業績が傾けば責任を取らされる形で解雇を通告される可能性もあります。

 

会社にとっても給与の高い管理職を解雇したほうが、経費削減の効果は高いと考えます。

 

また、仕事の進捗が遅れると一人で処理をしていかなければなりません。

 

残業、休日出勤の可能性もあります。
ベンチャー企業は基本給以外の手当がない会社がほとんどなので、残業、休日出勤に対する手当も出ません。

 

 

大手企業vsベンチャー企業 どちらに入社するべきか?

 

新卒で入社する会社として、大手企業とベンチャー企業のどちらに入社するべきでしょうか?オススメは、大手企業です。

 

理由は、大手企業からベンチャー企業への転職は可能ですが、ベンチャー企業から大手企業への転職は困難だからです。

 

また、転職だけでなく、大手企業で生かした経験を元にベンチャー企業を起業することが出来るかもしれません。
大手企業では人脈を作ることが出来ます。大手企業を退職後、ベンチャー企業への転職や独立したとしても、その人脈は大手企業を退職後に多いに生かすことが出来ます。

 

また、ベンチャー企業に転職後、大手企業と取引をしたときに、大手企業の仕事のやり方を熟知しているので、交渉を進めやすくなるメリットもあります。

 

大手企業は給与が安定しています。景気が上向きの時はベンチャー企業の勢いもあるかもしれませんが、景気が悪くなると世の中のお金の巡りも悪くなり、ベンチャー企業の勢いもないかもしれません。

 

新卒で10年程度、大手企業で様々な経験を積んだ後に、その時の景気動向を見定めた上で、ベンチャー企業への転職を考えることをオススメします。

 

大手企業では個人の成果があがらくても、毎年給与は少しづつ上がっていきます。
ベンチャー企業では個人で成果を上げない限り、給与は上がりません。自分が中心になって仕事を回し、上に這い上っていく覚悟のあるような、バイタリティがある人はベンチャー起業に向いています。

 

例え、勤務先の会社が倒産しても、他の会社でも十分やっていけるでしょう。

 

周囲の流れで高校、大学を選択してきたような人は、大手企業で定年まで、安定した仕事をしていくことをオススメします。


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト