第二新卒の印象を打ち消すスキルを手に入れよう

第二新卒の印象を打ち消すスキルを手に入れよう

第二新卒者は、学卒後いったん就職し、その後何らかの理由で3年以内に退職した者ということですから、第二新卒者の就職は、厳密にいうと転職ということになります。第二新卒者の強みはやはりなんといっても若いということでしょう。一にも二にもこのことに尽きると思います。

 

一般に若いとは将来に向かって生きる力を漲らせているからです。ですから、「未経験」や「ポテンシャル」採用等と銘打った採用側も現れるのではないでしょうか。そういった無限にある潜在能力の可能性のほかに、いったん就職を経験しいていることから、最低限のビジネスマナーを身に着け、職務に関する基本的素地を保持している等の理由から人気の採用条件の一つに入っているのだろうな…と思います。

 

募集案件で圧倒的に多いのは「営業職」となっています。知識の吸収力と、ある意味無鉄砲な行動力が魅力なのかもしれません。一方、事務系スペシャリストの求人も増加傾向にある…となっていますが、果たして第二新卒者の中から事務系スペシャリストを求めるのは、適切かどうかは若干疑問に感じます。更にこのニュースでは苦言を呈しています。とても重要なことだと思います。

 

第二新卒者の求人案件は豊富にあるとはいえ、それに安心してはいけないということです。いったんは入社したのです。にも関わらず、3年もしないで辞めたのです。忍耐力の足りなさ、社会に対する認識の甘さ、信念の未熟さ、責任感の不足等、採用側としては疑問や不安に思う材料を内包しているということを、第二新卒者のあなたは念頭に置きながら、それを払拭できるほどの“武器”を手にして、転職に臨むことが大切だと切に思うのです。

 

参考ニュース元
http://www.w-career.jp/knowhow/genba/genba13.html


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト