第二新卒が牽引している就職市場

 

 第二新卒としての就職を考えている人も多くなっていることが分かっていますが、転職をする人の動機はどのようなものが多いのでしょうか?

 

経済復興がチャレンジ精神を喚起

 

 Yahooの経済ニュースによれば「ほかにやりたい仕事がある」という理由が2008年以降に増加していることが分かっています。

 

 2008年に何があったのでしょうか? サブプライムローンに続くリーマンショックによって世界同時恐慌が起きた年ですね。

 

 なぜリーマンショック以後に「ほかにやりたい仕事がある」という理由で転職する人が増えたのでしょうか? これは第二新卒の人たちが就職氷河期とリーマンショックを体験し、リベンジとして転職を始めた結果起きたと考えられます。これだけ辛酸を舐めたのなら、自分のやりたい事を精一杯してみたいと思うチャレンジ精神に火が付いたのでしょう。

 

熱を帯びる転職市場

 

 さらにリーマンショック以後、転職の流れが加速しています。その理由は会社の将来性が不安だから、という理由です。この二つの要素が絡み合い、転職市場は今、相当な熱を出しており、企業も積極的に対応する姿勢を見せています。

 

 ですので、転職、就職に関しては今は狙い目だと言えます。第二新卒だから、新卒じゃないから、というという、根拠のない自己否定は捨て去りましょう。

 

 超就職氷河期を経験した人なら、チャンスを逃すとどんな目に遭うのかを知っているはずです。

 

正当な評価を受けるチャンス

 

 自分を高く評価してくれる時期に、就職活動をしない手はありません。転職、就職を考えている人はぜひこのチャンスを逃さないようにしましょう。


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト