仕事を面白くするのも楽しくするのも自分次第


 大学を卒業し就職できても3割以上の若者が毎年、2〜3年以内に会社を辞めて第二新卒になっていきます。2〜3年で会社を辞める理由もさままざですが、もっとも多いのが理想と現実のギャップです。

 

 大学時代の就活では多くの学生が大手企業を目指し、内定を得ることが最大の目的になります。そのため、本当になにをやりたいかが決まらないまま会社に入社し、いざ入社すると次第に、自分の進みたい道が見え始めてきます。

 

 そして今度は今のまま、こんな仕事をしていていいのだろうかと思い始めます。ただ、どんな会社であろうと、どんな仕事であろうと、面白いとか楽しいと思うことのほうが少ないのが現実です。仕事を面白くするのも楽しくするのも自分次第で、会社や仕事がつまらないと感じ始めたら何もかもが嫌になってきます。

 

 さらに問題なのは、会社を辞めて第二新卒になり、新たに他の会社に就職できても、自分が望む仕事に転職出来る人はごく限られているといることです。なかには、なかなか就職できずやっとの思いで就職できたのに、いざ入社するとそれがブラック企業だったと気がつくケースも少なくありません。最近よく求人に第二新卒歓迎と書かれていたり、学歴不問歓迎やフリーター歓迎の求人を目にします。

 

 もちろん、このように書かれている求人の会社のすべてブラック企業だというわけではありませんが。優良な企業もたくさんあるとは思いますが、離職率が高い企業が人材採用のために広く門戸を開くケースが比較的に多いのも事実です。

 

 これまでブラック企業といえば、社員を徹底的に働かせ、使えなくなったら辞めさせるブラック企業が多かったのですが、最近では辞めたくても辞めさせてもらえない、というブラック企業が増えているといいます。就職できない人がたくさんいる世の中ですが、こんな仕事をしてもつまらないと思う前に、仕事を面白くするのも楽しくするのも、あなた次第だということを思い出してください。


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト