大卒者の3割が3年以内に企業を辞める事実

 第二新卒者の就職が最近、ニュースでもよく取り上げられています。今ちまたでは、大卒者の3割が3年以内に企業を辞めるといったデータが寄せられています。就職難を乗り切って就職したはずなのに、どうして3年以内に退職してしまうのでしょうか?会社や人によってさまざまな事情があるものの、コンサルタントの赤堀吉昭氏はこう語っています。

 

「学生時代に明確な仕事観を持ち合わせていないために、会社を選ぶ基準があいまいである」

 

 みなさんは会社を選ぶ基準は何でしょうか?多くの人はブランド力、条件、興味があるジャンルなどある一定の範囲内の要素が多いことかと思います。その傾向は就職活動の際も出ており、マスコミや食品といった業界は求人が殺到し、倍率も非常に高い状況です。その他、商社や金融関係も人気の高い業種となっています。

 

 誰しもいい会社に勤めたい、いい給与をもらいたい、条件のいい会社で働きたいと思う気持ちは多少なりともあることでしょう。職業は平等であるという人もいますが、必ずしもそうとはいえません。近年の第二新卒者には、こんな特徴がみられると語っています。

 

  1. 高学歴
  2. 新卒のときに進むべき道がある程度みえている
  3. 進むべき道にある程度近い会社に入社し、そこで不満になり退職している

 

 なぜこう傾向の人物が第二新卒者に多いかというと、転職できる自信があることがあげられます。自分に自信がなくようやく就職についた人材と、自分に自信があってさらに上へいけると考えている人材は、そもそものベースが異なるのです。色んな可能性を広げるためにも、勉強はとても大事です。

 

参考:
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/08/news007.html


 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト