就職ニュース

就職ニュース

就職ニュース記事一覧

大卒者の3割が3年以内に企業を辞める事実

 第二新卒者の就職が最近、ニュースでもよく取り上げられています。今ちまたでは、大卒者の3割が3年以内に企業を辞めるといったデータが寄せられています。就職難を乗り切って就職したはずなのに、どうして3年以内に退職してしまうのでしょうか?会社や人によってさまざまな事情があるものの、コンサルタントの赤堀吉昭...

≫続きを読む

 

外資系に就職する前に一度数年後を考えてみよう

 外資系企業に入りたいといった若者も多いことと思います。世の中はグローバル化させてきており、今後ますます世界を舞台とした活躍が期待できる世の中となってきました。 しかし外資系は日本企業より厳しい現実が待ち受けており、明日は首になってもおかしくない世界でもあります。どんなに優秀な人材であっても、収益が...

≫続きを読む

 

第二新卒の就職は入社意欲を高く持つこと

http://news.livedoor.com/article/detail/7136865/株式会社マイナビ運営する転職情報サイト「マイナビ転職」では、全国の企業373社を対象にした「マイナビ転職中途採用状況調査」の結果を発表しました。これの調査は、マイナビでもはじめの試みとなります。不景気が長...

≫続きを読む

 

第二新卒の印象を打ち消すスキルを手に入れよう

第二新卒者は、学卒後いったん就職し、その後何らかの理由で3年以内に退職した者ということですから、第二新卒者の就職は、厳密にいうと転職ということになります。第二新卒者の強みはやはりなんといっても若いということでしょう。一にも二にもこのことに尽きると思います。一般に若いとは将来に向かって生きる力を漲らせ...

≫続きを読む

 

中途採用状況調査を発表、第二新卒の現状は?

「マイナビ転職 中途採用状況調査」を初めて発表http://news.livedoor.com/article/detail/7136865/ 学生時代就職活動をし念願の企業に入社し、社会人としての経験を積み新たな目標が見えてきたので転職したいといった人も多いことと思います。まずは入社した会社で下積...

≫続きを読む

 

しっかりとしたキャリアビジョンを持とう

〜ライフネット生命、新卒採用関係者の意識調査〜http://news.livedoor.com/article/detail/7316283/ みなさんは「第二新卒」についてどう考えていますか?第二新卒とは新卒で入社し1年〜3年前後の若き人材のことを言い表します。長い社会人生活を考えたら、第二新卒は...

≫続きを読む

 

[第二新卒が就職時に必要とする情報とは

 大手の求人情報サービスでは、「第二新卒」にフォーカスをおいた求人情報を掲載しているサイトがあります。いわゆる「第二新卒特集」に関しては、企業からのリクエストも多いようで、各種の職業でピックアップされています。 特に募集が多く、第二新卒者の受け入れ先として強い分野には、「営業部門」「サービス業」とい...

≫続きを読む

 

第二新卒として就職を決めるために必要な心構え

   第二新卒として新たな職場へ転職、または就職することは今の時代では厳しいものがあります。もちろん、成功することも多いのですが、簡単に成功させることは厳しいです。 日本政府は青少年雇用機会確保指針というものを打ち出しています。これは新卒採用に当たって、少なくとも卒業後三年間は応募できるようにする、...

≫続きを読む

 

就職氷河期は継続中?

「就職氷河期」という言葉が聞かれたのは1990年代半ばのことでしたが、その後、氷河期が消えてなくなったのかというと、決してそうではありません。大手金融機関の倒産や、大型企業の倒産など、この20年間、企業は厳しい経営環境にさらされ続けており、利益を出すために設備投資見送りや人件費削減を余儀なくされてき...

≫続きを読む

 

景気の回復傾向…就職面も好調?

「実質的な増税」と「強制的な歳出削減」が同時に重なりダブルパンチとなる「財政の崖」をなんとか先送りにしたアメリカですが、この窮地にあっても雇用回復の動きが見られ、アメリカの景気は回復傾向にあると考え始められました。アメリカの雇用統計の良い数字は、アメリカのマーケットにも好影響を与え、ドルは一時96円...

≫続きを読む

 

大企業の勢い復活で第二新卒者の転職機会の増加

 第二新卒者とは、大卒後入社したが、なんらかの事情で3年以内に退職した人をいいます。つまり、第二新卒者の就職とは、イコール転職でもあり、退職し、受験勉強とか海外旅行とか、とにかく職に就いていない一定期間を経て改めて仕事を探す場合は就職ともいうし・・・そんなふうでいいのだと考えています。 ここでは、第...

≫続きを読む

 

石川県で転職のメリット・デメリット相談会

 スキルアップの転職が当たり前となった今、第二新卒で転職を検討されている方もいることと思います。近年では企業側も転職者の受け入れを積極的に行っており、転職者にとって就職しやすい状況となっています。以前であれば「中途採用」は最低3年以上勤めた人とされていましたが、最近では3年未満でも優秀な人材であれば...

≫続きを読む

 

就職浪人よりも冷遇される第二新卒者

 第二新卒の就職状況は、いまだに厳しい状況にあると言われています。そもそも、第二新卒という言葉を聞くようになったのは、つい最近の話。就職してから1年程度で職を辞めて、次の職場を探している。そのような人を「第二新卒」と呼んでいます。 実力主義・能力主義の観点からしますと、社会経験を実際に積んでいる分だ...

≫続きを読む

 

仕事を面白くするのも楽しくするのも自分次第

 大学を卒業し就職できても3割以上の若者が毎年、2〜3年以内に会社を辞めて第二新卒になっていきます。2〜3年で会社を辞める理由もさままざですが、もっとも多いのが理想と現実のギャップです。 大学時代の就活では多くの学生が大手企業を目指し、内定を得ることが最大の目的になります。そのため、本当になにをやり...

≫続きを読む

 

第2新卒の魅力

  企業が第二新卒者に期待するもの5つ…といいながら結局具体的な内容もないまま、リクナビネクストのサイトへ…という記事には、少し拍子抜けとうんざり感が否めません。 ですが、その期待する5つのもの、について今一度よく考えてみましょう。 まず第二新卒者が新卒者などにないもの…といった観点から考えてみます...

≫続きを読む

 

仕切り直しの就活

 昨年後半から今年前半期にかけて行われた転職経験者およそ3万人を対象にした転職支援サービス会社である「DODA」…インテリジェンス社が行った調査結果をみてみると、現在の雇用環境を表すものとして興味深いものを感じます。 転職理由のトップに「(他に)やりたい仕事をするため」という意見が占め、リーマンショ...

≫続きを読む

 

第二新卒が牽引している就職市場

  第二新卒としての就職を考えている人も多くなっていることが分かっていますが、転職をする人の動機はどのようなものが多いのでしょうか?経済復興がチャレンジ精神を喚起 Yahooの経済ニュースによれば「ほかにやりたい仕事がある」という理由が2008年以降に増加していることが分かっています。 2008年に...

≫続きを読む

 

第二新卒の就職はタイミングが大切

 マイナビによると、20代での転職、就職はキャリアによって選考に通る確率が大きく変動するそうです。わかりやすい例だと、第二新卒なのか、それともフリーターなのかによって採用される確率が変わるということです。20代の転職活動に必要なもの 第二新卒とフリーターであれば、社会人経験のある第二新卒の人の方が採...

≫続きを読む

 

第二新卒就職就職を予定している学生の意識調査

 入社しても3年以内に会社を辞めてしまう第二新卒のことが問題視されていますが、ライフネット生命が2013年3月15日に就職を予定している650名の大学院生・大学生・短大生を対象に、「就職活動に関する調査」をモバイルリサーチを実施しその結果を公表しました。 第二新卒や既卒が生まれる背景には日本独自の新...

≫続きを読む

 

第二新卒が上司の影響で就職することを考える前に

 サラリーマンをしていれば、上司に不満がない人は少ないのではないでしょうか。実際、多くの人が上司と折り合いがつかず、上司からパワハラを受けて転職しているという事実があります。しかし、サラリーマンをしている限りは、どこにいっても自分が上になる以外は上司が存在します。特に第二新卒では、社会人としてもビジ...

≫続きを読む

 

大手企業vsベンチャー企業 どちらの人生を選びますか?

就職活動時にどちらに入社しようか悩むのが、大手企業とベンチャー企業。それぞれメリット・デメリットがありますが、人生においてどちらの選択が正しそうでしょうか?また、人生の勝ち組になるにはどちらを選ぶべきでしょうか?大手企業のメリット・デメリット大手企業のメリットはひと言で言えば「安定」です。ベンチャー...

≫続きを読む

 

 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト