第二新卒のための就職サイトランキング

第二新卒は今が熱い?

第二新卒といえば、あまり求人数がなく、就職活動が不便なイメージがあります。しかし、今希望の星として、年々、第二新卒への期待度が上がっています。

具体的には、会社の外で力を発揮している人を、社内に呼んで会社のパワーアップを図りたい関連業種で培った知恵を、社内の技術に生かしてほしいといった声が、企業から第二新卒へ出ています。

リクナビNEXT等の大手求人サイトによると、2012年と比べると現在は倍の求人数が第二新卒へでているようです。また、業種としてはIT、職種としては営業を中心に増えているようです。

リクナビNEXT[会員登録・利用ともに完全無料]
詳細
★★★★★

リクナビNEXTを利用するメリットはなんといってもスカウト機能!あなたの経歴やスキルをレジュメ登録しておくと、企業側から連絡(オファー)が来るチャンスがあります。登録者に対して倍近い数のオファーがやりとりされており、とても活発に求職活動が行われています。

その他のメリット
  • 更新情報をメール受信・企業からのダイレクトオファーが得られるので第二新卒に特化した就職率がアップする
  • 信頼と実績がある運営会社リクルート
  • 長年の実績から得た必勝ノウハウが得られる
  • 求職者と求人企業双方向の求人情報サイトである
  • エリア別・ワークスタイル別等で目的の求人検索を早く探せる
利用者の声
良かった
複数の求人サイトに登録をしましたが、毎日のように求人の情報がメールで届くわりに、第二新卒という条件と合わない情報のほうが多くてまいっていました。リクナビネクストのスカウト登録をしたところ、エージェントから連絡が来て速攻で面接まで進み驚きました。登録時は多少面倒な気がしましたが、結果的に時間をムダにすることがなくて、ありがたかったです。(20代 女性)
良かった
機械部品営業しか経験がなく、しかも中小企業で、2年で退職してしまったため、職務経歴の書き方もよく分かりませんでした。第二新卒の積極採用という記事を見てリクナビNEXTに登録したところ、これが意外にもオファーがガンガン来る。なんだかんだ若いほうが需要があるのかな?職務経歴書の書き方や退職理由の説明の仕方など、必要な情報はひと通り揃ってますし、不動産業界の営業職という新しい方向性も示してもらえました。宅建を取る勉強も始めています。(20代 男性)
良かった
出版業界希望でしたが競争率が高くて、大学在学中から就職は断念してアルバイトを続ける覚悟でいました。軽い気持ちでリクナビネクストに登録して、たまたま見た時に、第二新卒歓迎で未経験者可能な出版社に応募したところ、契約社員の採用が決まりました。2年後は正社員への道もあると言われています。やはり求人数が多いということは強いのだと感じました。(25歳 男性)
普通
帰国子女なので英語は自信があったのですが、ほかに自分の強みに自信がありませんでした。英語力をいかした経歴書の書き方を工夫しましたが、第二新卒の求人は他社サイトと大きな違いは感じませんでした。求職はまず多数のサイトに登録して、リクナビは判断材料になると思います。(女性)
DODA[第二新卒にもばっちり対応!]
詳細
★★★★
DODAを登録するメリット
  • スカウト機能とキャリアアドバイザーによる転職支援、両方対応
  • 特にキャリアアドバイザーによる転職支援の顧客満足度は高い
  • 求人紹介はもちろん書類添削、日程交渉、面接対策までバッチリカバー
  • 会員登録がシンプル
  • もちろんサービスは全て無料

利用者の声
良かった
こういうサイトってベテラン社会人向けというか、まさに転職者!って感じの人向けなのかというイメージが強かったんだけど案外俺みたいなフツーの奴でも使えるのね。ちゃんと第二新卒求人ってのも用意してあったし。
良かった
キャリアアドバイザーの人の対応がすごく丁寧で良かったです。継続的に利用したい
良かった
気になったことをいろいろ聞けるのは助かる。ハローワークとかそんなに踏み込んだ答え教えてくれないからなぁ。
リクルートエージェント[第二新卒でも使える無料エージェント!]
詳細
★★★★
リクルートエージェントを登録するメリット
  • 信頼と実績がある運営会社リクルート
  • 全求人案件の85%が独自の案件(非公開求人)
  • 不特定多数の競争相手から解放された効率的な就活ができる
  • コンサルタントからマンツーマンのアドバイスが受けられる
  • 自分に合った求人が毎日のように更新され、メールで送られてくる
  • 求人募集企業の真の人材条件をしることができる
  • 求人募集企業の訴求ポイントを教えて貰える
  • 求人募集企業の採用担当者の人柄まで教えて貰え、面接対策の参考になる

利用者の声
良かった
新卒でIT系に就職しましたが、1年で辞めました。リクルートエージェントに登録して、担当者さんには残業の量や休日出勤の頻度が高くて精神的にまいった事実を話すと、基本的な待遇や仕事環境は正確な情報を収集しているときっぱり言われて安心しました。入社した会社では、第二新卒でも公平な扱いで、自由提案ができる風土もあり、本当に良かったです。(20代 男性)
良かった
転職を考えていましたが、リクルートエージェントの第二新卒向けの相談会に行ったことで、全く違う職種へ転職も可能性があることを教えてもらいました。遊び気分でやっていたwebのスキルが、仕事でも結構通用することも分かりましたし、履歴書や経歴書の書き方もアドバイスしてもらいました。退職と新しい会社の入社タイミングなども調整してもらえました。(23歳 男性)
普通
総合職希望だったのが営業職で採用され、とりあえず入社した大手生保会社で悩んでいました。ダメ元でリクルートエージェントに登録したら、大企業のバリューを使うアドバイスをいただき、目からウロコが落ちました。こまめな電話連絡もいただき、外資系マーケティング会社という全く未知の分野に進むことができました。第二新卒とは言え実力主義の会社を紹介していただき、やる気が燃えています。(24歳 女性)
普通
新卒入社から3年で2回も転職しているのですが、リクルートエージェントさんに登録して面談を受けました。質問が多くて就職の面接より厳しいような気もしましたが、その後本番の面接前には第二新卒としての模範回答などもコーチしてもらい、めでたく入社が決まりました。転職回数が多いことよりも退職理由が明確でないことの方がマイナスになるとは知りませんでした。(20代 男性)
就職Agent neo[第二新卒対象の無料エージェント]
詳細
★★★★★
就職Agent neoを登録するメリット
  • エージェントの強みである非公開求人あり
  • 研修制度がありスキルアップしてライバルに差をつける
  • 就職の悩みや就活方法などアドバイザーに相談可能
  • アドバイザーが企業へあなたをアピールするので内定獲得までの期間が短縮できる
マイナビエージェント[第二新卒の求人4,000件以上]
詳細
★★★★★
マイナビエージェントを登録するメリット
  • 20代専門のキャリアアドバイザーが担当
  • 自分では見つけられなかった長所に気づく
  • 企業選びのポイントを知り、非公開求人から案件紹介
  • サービスは全て無料

利用者の声
良かった
マイナビエージェントを選んだ理由は就職情報サイトのマイナビと、マイナビ転職を運営していたからです。転職サイトの運営してところはあっても、就職情報サイトの両方を運営しているところは少ないからです。それとマイナビエージェントはIT業種の求人情報が多く、IT業種志望の既卒の私にはピッタリでした。今はまだ就職はできていませんが、頑張ってIT会社に必ず就職します。
良かった
大学ではマスコミやインターネット業界への就職活動を行いましたが、諸事情により退職しました。第二新卒として転職活動するにあたって希望は変わらず、マイナビエージェントに登録しました。マイナビエージェントがインターネット業界や、IT業界に強いと知ったからです。実際にマイナビエージェントでのキャリアカウンセリングで、担当者の方から業界の動向や採用状況などが聞けてためになりました。
良かった
理系なのでメーカーの求人情報が豊富なマイナビエージェントには、第二新卒でも転職できるという可能性を感じました。それでも不安な気持ちでキャリアカウンセリングの申し込みをしましたが、そんな不安も優しそうなキャリアコンサルタントの方の笑顔や話し方でなくなりました。カウンセリングでは既卒でも応募できる求人が、たくさんあると聞かされ安心しました。その後も不安を感じても、その担当者の方から連絡があると勇気を貰っています。
普通
最初はマイナビエージェントが、人材紹介会社とは知りませでした。自分で求人を探すのかなと思っていましたが、担当者に自分の希望条件を伝える仕組みだと初めて知りました。カウンセリングではこちらの希望する業界や職種を、担当者にしっかりと伝えました。求人の紹介も何件かありましたが、あまり連絡もなく自然消滅しました。
エンエージェント[多くの転職者が愛用!]
詳細
★★★★★
 年収450万円〜700万円の求人をメインに転職をサポートしています。専任のキャリアパートナーが独自の適性診断を用いて、キャリア相談をしながらピッタリの職業をご紹介。提出書類の添削や、面接の対策まで一連の流れで就職支援してくれます



第二新卒の方に読んで欲しいおすすめ特集



 
ホーム 就職までの流れ おすすめ就職サイト